中学校3年生の、今度の、第2学期の期末試験範囲の、猛特訓中です!

 皆さん、こんにちは。「さえぐさ塾」の、塾長です。来月、11月中旬あたりには、中学3年生としては、定期試験としては、最後になる、第2

学期の期末試験が、せまって来ています。第2学期の、中間テストの、範囲であった、2次関数は、中3の塾生は、最高の、出来でした。このまま

の調子を維持して、もっとも、中学校の、数学担当の、先生方が、重視する、「相似な図形、平行線と線分の比、相似な図形の面積比と体積比」

を、今度の中3期末の範囲を、猛特訓中です!「相似な三角形の3条件」を、基礎として、相似の証明、相似の活用、縮図の活用、三角形と線分の

比(いわゆるピラミッド問題と、ちょうちょ問題)、その証明、平行線と線分の比、三角形の角の二等分線と線分の比、中点連結定理(ここは、皆

さんが、高校に、進学したら、高校1年の今頃、授業を、受ける、数学Aの、線分の内分・外分や、角の二等分線につながる重要部分ですが)、中

点連結定理を使った証明、相似な平面図形(特に、三角形)の面積比(と、相似比との関係)、相似な立体の表面積や、体積の比など、上和田中、

引地台中、渋谷中、下福田中、光丘中、鶴間中、つきみ野中、大和中、南林間中、聖セシリア(女子)中、その他の、中学校の、昨年度までの、過

去問も、徹底分析して、日々、第2学期の数学の期末に向けて、「さえぐさ塾」中学部3年生の塾生は、全力で、がんばっています!

この期末試験の結果を踏まえ、中2の内申点45点満点(9科目×5段階)と、中学3年生の45点満点の、なんと、2倍の、90点が、内申点

として、県立高校選抜の基礎点となります。しかし、いくら、1学期が良くても、2学期の中間が良くても、今度の期末で、伸びていく生徒の評価

のほうが、中学校の先生方の評価は、下がっている、あるいは、横ばいの生徒より、1アップ、上の県立高校に、強く推すと、聞いております。

3者面談で、高評価を、ぜひとも、ともに、勝ち取りましょう!

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL