神奈川県立、公立高校第1回志願状況公表!

 神奈川県教育委員会は、1月30日(木)、県内の、県公立高等学校の、志願状況を、発表しました。

 2020年度県公立高校入学者選抜の一般募集共通選抜などの志願者数を、公表しました。

 全日制は、149高校で、計4万1280人の募集人員に対して、4万8283人が、志願し、平均競争率は、1.17倍で、前年度の平均競争率の、1.19倍より、0.02ポイント、下がっています。

 全日制で、競争率が、最も、高かったのは、当「さえぐさ塾」塾長の、母校でもあります、神奈川県立横浜翠嵐高等学校(普通科)で、2.07倍です。

 初回の志願率で、2倍を超えたのは、「全日制・普通科」では、県立横浜翠嵐高等学校だけであり、この状況を踏まえて、2月4日~6日の、志願変更で、どのように、変化するかです。例年のことですが、高校の人気度等によっては、競争率も、変動しますし、合格者の最低ラインも、上下します。詳細な情報は、ございますが、このことで、一喜一憂するのではなく、自分の実力を信じて、自信をもって、高校受験してもらいたいと、存じます。

 学力検査は、2月14日、面接や、一部の高校での、特色検査は、14、  17、18日のうち、各高校の指定する日(19日の場合もある)に、実施されます。

  心配されるインフルエンザの影響ですが、中国の、新型コロナウィルスの発生により、うがい、手洗いの励行、マスク装着、消毒、人込みには、立ち入らないなど、対策が、講じられてきており、例年より、インフルエンザの発症率は、鈍い伸びのようですが、県内でも、インフルエンザによる学級閉鎖もあり、まだまだ、油断することのないように、気を引き締めて、引き続き、ウィルス等の、徹底した予防策を、取っていきましょう!

 「さえぐさ塾」高校受験指導部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA